弊社は「真面目に腸セラピーを研究している会社」です

 体温の変化

体温は皮膚や粘膜にある温度センサー受容体を経て…

詳しくはこちら

 顕微鏡観察

当サロンでは、オプションで顕微鏡での血球観察ができます。

詳しくはこちら

 食事の指導ってどんなもの?

どんなに素晴らしい薬やサプリメントであっても、食事や…

詳しくはこちら

 脳腸相関を介して総合的セラピー

神経やホルモンを使い腸と脳は常に会話し身体を…

詳しくはこちら

 自律神経を計測する理由

自律神経測定を行っています。自律神経の活性を計測することで…

詳しくはこちら

 症例 1

20代結婚を控えている女性。

卵巣膿腫(チョコレート膿腫)が!1カ月半後になんと!
無くなっており担当医師もビックリ(^^)
「妊娠も可能」とお墨付き\(^o^)/嬉しいですね〜

 

 症例 2

腸セラピー前後の赤血球形態観察した糖尿病女性78歳。

左今年8月 Hba1c 8.5 左足に痛みあり。右今年12月Hba1c 6.7
この改善にドクターもびっくり!まるで別人の血液像です。
左は拡大してみると血球が重なっているのがわかります。

 

マザーアロマ オリジナル商品

あかちゃんの菌 オプナニ

肥満の方と痩せた人の腸内細菌を比較した際に発見された菌。体脂肪減少、身体に起こる炎症(自然炎症や慢性炎症)抑制なども示しています。体質改善を根本から目指したい方にお勧めの商品です。

サプリダシ

体力をつけたい、胃の状態が悪く栄養素の吸収力をあげたい。筋肉をつけたい、体重の調整をしたいなどを気にされている方にお勧めの商品です。

ハイパーチャクラライス

完全無農薬で作られたお米です。(この商品については、弊社に直接お問い合わせください)

インテスタージュ®セラピスト協会

インテスタージュセラピスト協会

インテスタージュ®セラピストの活動を支援する目的で2011年11月25日に設立されました。 当協会は、砂沢佚枝の考案した、セラピストによる腸もみ、インテスタージュ®・トリートメントと「自分で出来る腸もみ健康法」が普及し、多くの人々の「病気にならないからだづくり」に寄与することを究極の目的としています。

 体温は皮膚や粘膜にある温度センサー受容体を経て中枢温度受容器(脊髄・延髄・視索前野・前視床下部)に刺激を伝え体温を調節しています。
 温度が上がるシステムとしては、①運動誘導熱産生②食事誘導熱産生があります。実はもう一つ、③腸もみでも体温が上昇します。体温調節中枢は体深部循環血液の温度の影響を受け体温をコントロールしています。

セラピー前後での体温推移の結果です

 当サロンでは、オプションで顕微鏡での血球観察ができます。今の食事は自分にあっているのかを疑問に答えてくれます。血液は自分の食事状態が影響するため、客観的にどの様に食事を変化させればよいのかが理解できます。

 1枚目は綺麗な赤血球、2枚目は糖液を希釈したものを1枚目の血液に一滴垂らし、1分後に撮影したものです。赤血球が溶けてバクテリアがいっぱいに広がりました。

 どんなに素晴らしい薬やサプリメントであっても、食事や生活習慣が自分の身体にマッチしていないと病も心理的なものも変化はできません。
 食事が変わると腸が変わり最終的に、人は変わる!サロンでは体質に合ったお食事をご指導させていただいています。まずはご自分のお食事の傾向を知ること、一緒に貴方の食事の研究をしていきます。

 神経やホルモンを使い腸と脳は常に会話し身体をコントロールしています。脳でストレスを感じると、腸に伝わり蠕動運動(腸の内壁がうんちを運ぶために細かく収縮と弛緩を行う運動)が変化しその結果、下痢や便秘が起きます。ストレスによって腸内環境が変わると、腸内細菌全体(腸内フローラ)のバランスも変化し体調は悪化します。

 逆に腸内環境のバランスが崩れると、いろいろな病気を誘発することや精神面に影響を与えます。

 

 自律神経測定を行っています。自律神経の活性を計測することで、身体と心理的傾向を観察し、活性化しすぎている神経をセラピーでバランスをとります。

 「腸管は免疫が70%」「腸管は内なる外」免疫が高い反面、痛みや炎症が起きやすい部位です。こちらも、食事と腸セラピーでコントロールします。

PAGE TOP
MENU